REPORT 〜ご報告〜

MIND from MIND 基金 寄付先のご報告

2011年3月11日。あの大震災が東日本を襲いました。
石井竜也は、震災の約1週間後に、被災者と支援者の心をつなぐ場所をと
インターネットサイト「MIND from MIND」を立ち上げ、
約2週間後には、チャリティーライブ「MIND from MIND LIVE」を開催しました。
その後も、1年間を通じ日本各地で行ってきたイベント、募金箱の設置、
グッズの販売などで、ご賛同頂いた皆様からたくさんの支援金をお預かりし、
「MIND from MIND基金」は約3000万円もの額となりました。

同じ日本で起こったあまりにもの悲惨な状況に
いてもたってもいられない気持ちで、
寄付先も決めぬままにスタートした「MIND from MIND」でしたが、
この1年間、石井竜也と「GROUND ANGEL」を信頼頂き、
ご賛同くださいました皆様に、心より深く感謝を申し上げます。

またこの1年間、皆様よりお預かりした善意を、
「GROUND ANGEL-MIND from MIND基金」として、どういった形で、
被災地の子どもたちへ届けることが最良かと熟考に熟考を重ねて参りました。

そしてこの度、以下の機関へ寄付させて頂くこととなりましたので
ご報告申し上げます。

■福島原発事故被災児童のための保養施設建設
「沖縄・球美(くみ)の里」

【寄付金:19,000,000円】

昨年末に10周年を迎えた「GROUND ANGEL」活動を、2003年より長期にわたり支援くださったフォトジャーナリスト・広河隆一氏が発起人となり、立ち上げられた福島原発事故被災児童のための保養施設建設プロジェクトが「沖縄・球美の里」です。チェルノブイリの事故を25年に渡り取材を続けてきた広河氏は、ベラルーシ、ウクライナでも同様の保養施設を建設し、20年近く運営を続けられてきました。その経験から、抵抗力を失った子ども達が、病気を発症することを防ぐ最もよい方法は保養であると確信し、2012年夏までに沖縄での保養施設開設を目指し精力的に活動されています。GROUD ANGELは、その開設の実現はもちろん、これから長く続くであろう運営に関しても、支援を続けて参りたいと思います。
http://okinawa-kuminosato.blogspot.jp/
※4月上旬にプロジェクト名が「沖縄・球美(くみ)の里」に決定しました。

■あしなが東北レインボーハウス建設募金

【寄付金:5,000,000円】

東日本大震災で、両親を亡くされた、あるいは両親とも行方不明の「震災孤児」は240人、震災後にどちらかの親を失った「震災遺児」は1327人にものぼります(2011年10月31日現在・厚生労働省調べ)。阪神淡路大震災後に、「神戸レインボーハウス」を建設し、親を失った子ども達の心のケアを16年間に渡り行ってきた「あしなが育英会」が、今回の震災に対し、「東北レインボーハウス」の建設を決定されました。同じ境遇の子どもたち同士だからこそ、心を癒せることのできる場の提供に、MIND from MINDとしても少しでもその手助けができればと願います。
http://www.ashinaga.org/support/entry-374.html

■北茨城市

【寄付金:5,000,000円】

石井竜也の故郷である北茨城市は、津波による被害に加え、その後も続く放射能汚染、風評被害と今も厳しい状況に置かれています。東北3県の影となり、国からの支援も十分にないこの地域に、皆様から集められたMIND from MIND基金の寄付をはじめ、石井自身も出来うる限りの協力をさせていただければと思っています。
http://www.city-kitaibaraki.jp/

皆さんから預かっていた「MIND from MIND」の
嫁入り先が決まりました。
その機関の責任者様から直接お話しを伺い、
信頼のおける先への寄付となりました。
今回寄付させて頂く先は、全て未来と命に直結するところばかりです。

なんとかしてあげたいと心の底から考えて下さった
皆様の心温まる義援金は、
僕の手で直接お渡ししてきたいと思っています。

皆さんは、本当に素晴らしい。
何も出来ないなんて絶対にあり得ない。
皆さんは十分に活動した事になるのです。
熱いご支援、本当に感謝しております。

そして被災者の方々にとってみれば、ただ1年が過ぎただけです。
これからも長い支援が必要になりますので
引き続きよろしくお願い致します。

今回の震災で空になった方々へご冥福をお祈りするとともに
今も東北の寒風吹きすさぶ中で必死に春を待つ被災地の方々へ、
そしてこれからの皆さんと自分の人生へ、
未来への希望と祈りを込めて。

2012年3月11日 石井竜也

2012年3月11日 北茨城市・大津港にて

MIND from MIND 基金集計(2012年4月16日改訂)

MIND from MIND 基金  
郵便振込における寄付金(2012年4月12日振込分まで) 7,404,426円
2011.3~4
 MIND from MIND LIVE 寄付金
12,338,137円
2011.3~2012.3
 MOONOON、 FLYINGCINEMA / GAグッズ
1,641,910円
2011.3~4
 HINT INDEX BOOK / GAグッズ
165,300円
2011.4~6
 MOONLIGHT ORCHESTRA会場 / 募金箱、GAグッズ
2,267,649円
2011.9.10
 from East to West サントリーホール会場 / 募金箱
156,406円
2011.10.8
 北海道ファンクラブイベント参加者お預かり分
131,220円
2011.11.3
 本田美奈子さんイベント / GAグッズ
10,300円
2011年
 書籍『詞解文書』寄付
270,000円
2011.12
 GROUND ANGEL × Angel Rays / 募金箱
881,270円
2011.12
 HEART GALLERY 募金箱
179,939円
GROUND ANGEL2011寄付 2,000,000円
外貨換金($310+S$12) 24,304円
2012.3
 絵画オークション『日』2・3・4 落札金
1,720,922円
29,191,783円

※「つよくいきよう」ダウンロード分は、今年リリース予定のCD発売後に集計いたします。
※絵画オークションにおける未入金のため、3月11日の報告より金額が変更しております。

また2012年3月12日以降も、
東日本大震災の被災者支援を目的とし、GROUND ANGEL活動は続きます。
上記総額より、今回の3機関への寄付金を差し引いた残額は、
来年以降の「MIND from MIND基金」として責任を持ってお預かり致します。
なお、今後お寄せ頂く寄付金は、
広河隆一氏の「沖縄・球美の里」への支援を中心に行わせて頂く予定ですので、引き続きご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。